インプラントのメリット

インプラントは、あごの骨にしっかり固定されているので、自分の歯のようにしっかりと噛むことができます。
つまり、今までのような美味しい食事が楽しめるわけです。

インプラントのメリット・デメリット

インプラントのメリット・デメリット

両隣の歯を削らずに済み、負担する力も、従来と同じ程度の負担で済むので両隣の歯の寿命を縮めることもありません。

万が一、将来インプラントを失うことになっても、再度インプラントを植えることが可能です。

しかし、インプラントにもデメリットがないわけではありません。

医学的なデメリットはありませんが、どうしても外科手術となり、患者様には心理的な不安もあるようです。

主なメリット
天然歯と同じ食生活

インプラントの噛む力は天然歯と同じです。硬い食べ物でも問題なく噛めます。

見た目が美しい

人工の歯を入れていることが、全く分かりません。

残っている歯にやさしい治療

周りの歯を削ったり、負担をかけなりしない為、残っている歯を守ることができます。

長期にわたっていい噛み合わせが維持できる
主なデメリット
外科手術が必要

歯を抜く場合と同程度の手術が必要となります。
麻酔下(無痛)で行います。手術時間は1本60分程度となります。

体質や病気の有無で治療ができない場合がある

重度の心臓病、肝臓病、糖尿病の方、または過去に麻酔のショックにあわれた方などは、治療ができない場合があります。

費用がかかる

高度医療の為、どうしても費用がかかります。

治療期間が長い

ブリッジや入れ歯より治療期間がかかります。ただ、治療の回数はあまりかわりません。

入れ歯やブリッジとの違い
1.インプラント治療は、健全な歯を削りません。

インプラント治療は、健全な歯を削りません

「ブリッジ」を用いた従来の治療法は、歯を失った際に、両隣の歯を削らなければなりません。

更に、装着後にも両隣の歯に負担がかかります。

例えば1本歯を失った場合、前と後ろの歯を削り、3本分の噛み合わせの力を2本分で支えるために、過重負担になります。

「インプラント」の治療法

「インプラント」の治療法では、直接あごの骨と固定されているため、両隣の歯に負担をかけることはなく、歯の寿命を縮めることはありません。

2.インプラントは、とっても長持ちします。

インプラントは、とっても長持ちします

「ブリッジ」を用いた従来の治療法は、土台となる歯に大きな負担がかかります。
場合によっては抜歯しなければいけなくなったり、折れてしまうこともあります。

「ブリッジ」を用いた従来の治療法

また、両隣の歯と被さっているダミーの詰め物の間の清掃が非常に困難なため、この間から虫歯や歯周病になる可能性が高まります。

「インプラント」の治療法では、詰め物がなく、周りの歯に負担をかけないので、心配も最小限です。
耐久性においてもインプラントはすぐれた性質をもっています。

Page Top