インプラント治療の流れ

長崎インプラント研究所ではインフォームド・コンセントを重要視したインプラント治療を行っております。

STEP01.問診

STEP01.問診

これまでの歯科治療の経歴やインプラント治療をご希望する理由などをお尋ねします。

矢印

STEP02.口腔内検査・歯周病検査・CT撮影

STEP02.口腔内検査・歯周病検査・CT撮影

虫歯や歯周病の有無を検査します。

矢印

STEP03.シミュレーション

STEP03.シミュレーション

検査した結果を診断しご説明します。
長崎インプラント研究所では撮影したCT画像をコンピュータ上でシミュレーションソフト【シンプラント】を使用しリアルな3D画像で顎の骨の状態を見ながら検査・診断します。

矢印

STEP04.説明

STEP04.説明

シミュレーションの説明後、インプラントオペの術前・術後の注意事項やインプラント治療後のインプラントシステムのお話、またリスクについて、ご説明します。
納得していただき、承諾書を書いていただきます。

矢印

STEP05.1次オペ

STEP05.1次オペ

麻酔をした後でインプラントオペを行います。(場合によっては静脈内鎮静法を行います。)
人工歯根(インプラント)を顎の骨に埋め、縫合します。
翌日、消毒し1週間後、抜糸します。

矢印

STEP06.2次オペ

STEP06.2次オペ

麻酔をした後で2次オペを行います。
2次オペでは、入れた人口歯根(インプラント)の上の歯ぐきを整えるために、仮の土台を装着します。
場合によって、仮の土台の上に仮歯をつけることがあります。
翌日、消毒し1週間後、抜糸します。

矢印

STEP07.かたどり

STEP07.かたどり

患者様のお口に合わせた専用の器を作成します。
その器で土台・人工歯のかたどりを精密に行います。

矢印

STEP08.試し入れ

STEP08.試し入れ

人工歯の装着の前に1度、土台・人工歯の試し入れを行い適合を確認します。

矢印

STEP09.人工歯装着

STEP09.人工歯装着

インプラントの上に土台をつけ人口歯を装着します。

Page Top