身体に優しいインプラント治療法

長崎インプラント研究所では、外科的負担の少ない、患者様にやさしい手術法を絶えず研修、選択しています。

ドリルを使わないOAMインプラント

インプラントの手術をする場合は、ドリルで骨に穴を開け、そこにインプラントを埋め込むというものでした。
その為、骨幅が狭くインプラントのドリルが使えない場合や、ドリルを使うことを怖がる患者さんには手術ができないという欠点がありました。

ところが、OAMインプラントが、解決しました。ついに極力ドリルを使うことなしに、インプラントを埋め込むことができるようになったのです。

OAMインプラントは、ドリルを使うより少しだけ時間はかかりますが、怖がりの患者さんにとってはとっても朗報となりました。
また、OAMインプラントは、骨の幅を拡げる効果もありますので、従来のような骨を増やす特殊な手術
(GBR法、骨移植、スプリットクレスト法など)をしなくても骨の幅を増やすことができるようになりました。
また、この方法では骨密度もあげることができるため、よりインプラントの手術適用が増えました。

OAMインプラントの手術法

OAMインプラントの手術法

  • まず、インプラントを埋め込む場所に最初のマーキングとして直径0.3mmの極めて小さいドリルで印をつけます。
    通常のドリルのような負担はほとんどなく、しかもドリルを使うのはこの最初のステップだけです。
  • 歯の根っこの治療用のファイルと呼ばれる器具を用い、所定の長さまで骨に穴を開けます。
    麻酔も効いているし、振動もないのでまったく何も感じません。
  • オーギュメーターという器具を使い、順次インプラントを埋め込むための穴を拡大していきます。
  • 直径0.5→0.7→0.9→1.2→1.4→1.6というふうにゆっくり穴を拡大していきます。
    この際、骨の幅も同時に拡がり、骨密度も上がります。
  • 拡大を続けていき、埋め込む予定のインプラントの太さまで穴を拡大します。
    (通常は3.2mmまで拡大します。)
  • インプラント体を埋め込み、手術完了です。
OAMインプラントの特徴

従来の方法では、骨がすごくやせてしまった方にインプラントを埋め込むのは不可能でした。
またどうしてもインプラントしたい場合は、骨を作るための手術が必要となりました。
自分の骨をどこか他の場所(下顎の奥の方や、腰の骨など)から採取してそれをインプラント埋入部位に移植したり(骨移植)、わざと骨を骨折させてそこに骨を増やすような処置(スプリットクレスト法)をほどこしたり、色んな手術が必要となりました。
そこまでしてインプラントをする勇気のある方は少なかっと思われます。

ところがOAMインプラントは、そういうすごくやせてしまった骨の場合でも、不可能を可能にしたのです。
OAMインプラントでは、オーギュメーターという器具を使って糸のような穴をすこしずつ拡げてインプラントを埋める穴を作ります。
糸のような穴なら骨の幅が1mmしかない患者さんでもつくることができるのです。
人間の骨は弾性があるため、その穴を少しずつ拡げることができます。
そうすることにより、わざわざ骨を増やす大がかりな手術をする必要が無く、たった1回で終わらせることができるようになります。
しかも傷口も小さいため術後の腫れも少なく、治りも早いようです。
また、骨を少しずつ拡げることにより、骨密度も上がりますので、骨そしょう症のような骨密度が低い方にも適応になりました。

また怖がりの方の中には、骨を削る時の不快な音や振動がいやだと言われます。
オーギュメーターでを使用すると、時間はかかりますが、静かに手術できるため、インプラント手術がより快適なものに改善されるのです。
よって、患者さんは、苦痛なくより安心して手術を受けることができるようになりました。

但し、例外として、骨密度が極端に高い方の場合、OAMインプラントが適用できない場合もあります。
いわゆる岩盤ようなの固い骨の方には従来のドリルを使うこともあります。

身体に負担をかけない生体親和インプラント

自分の歯のように違和感なく食事ができるインプラント。その快適さとともに体への負担が気になっていました。
長崎インプラント研究所では、身体に親和する材料を吟味して、全身の健康に配慮した「生体親和インプラント治療」を行っています。

長崎インプラント研究所でのインプラントのコンセプト
  • 歯茎を切らずにインプラント埋入が可能です
  • 歯を抜いてすぐにインプラントが可能です
  • 治療期間の短縮
  • 骨が少ないため困難な上の奥歯にもインプラントが可能

長崎インプラント研究所では臨床的に優れた骨伝導能をもつHAインプラントを使用しております。

治療期間の短縮

インプラント治療の治療期間が大幅に短縮されました。
特に歯を抜いてすぐインプラント埋入ができるケースでは、約2∼3ヵ月後には最終のかぶせ物の装着が可能です。
従来の治療では約10ヶ月近くかかっていたのが、大幅に短縮されました。

従来の治療

抜歯後、約2ヶ月後インプラント治療
従来の治療1
6ヵ月後、2次オペ後、仮歯装着
従来の治療2
さらに2ヵ月後セラミックスのかぶせ物装着

当院の治療

抜歯と同時にインプラント埋入
すぐに仮歯装着
従来の治療1
2∼3ヵ月後セラミックスのかぶせ物装着

歯茎を切らずにインプラント埋入が可能

以前は、全てのインプラントで歯茎を切ってインプラント治療を行っていました。
歯茎を切ると腫れや痛みの原因になります。当院ではなるべく歯茎を切らずにインプラント治療を行っています。
特に歯を抜いてすぐインプラント治療を行う場合は、ほとんどのケースが可能です。

【手術は麻酔をして行いますから痛みは心配ありません】
手術前に注意事項をお話しますが、綿密な計画の下で行いますので、手術時間については事前の審査診断により決定しますが、1時間から2時間くらいです。

HAインプラント
HAインプラントの特徴

従来のインプラントは、全材質がチタンで構成されているチタンインプラントが主流でした。
しかし、現在HAインプラントが脚光を浴びています。

HAインプラントは、材質が2重構造になっており、インプラントの中心部はチタン、そしてその周りにハイドロキシアパタイト(歯や顎と同じ成分)があり、いままでのチタンインプラントでは、抜歯と同時にインプラントを埋入することが困難と云われてきた弱点を補うすばらしいインプラントなのです。

  • 歯周病や歯根破折により、骨が大きく失っているケース
  • 骨がやわらかくインプラントを埋入しても、動いてしまうケース
    (初期固定が取れないケース)
  • 上顎洞まで顎の骨の厚みが5ミリ以下の場合

以上のような症例でも、HAインプラントは、埋入する前に特別な骨造成術(GBR)を行う必要はなく抜歯と同時にインプラントを埋入することが可能です。

また上の奥歯の場合は、上顎洞まで5ミリ以下の場合には、チタンインプラントでは、上顎洞に4ヶ月∼6ヶ月間かけて一度骨を再生してからインプラントを埋入していましたが、HAインプラントは上顎度まで1ミリであっても、上顎洞内に骨を填入しながら、インプラントを埋入することができます。(ソケットリフトインプラント)
そのために、HAインプラントは、チタンインプラントと比較して次の点が優れています。

1.治療期間の減少

今まで別々に行ってきた治療方法が同時にできますので、HAインプラントは手術回数が減り、治癒期間が短くなります。
つまり、患者様の外科的、精神的な負担が減ることになります。

2.審美的な修復

インプラントの手術はとても繊細さを要求されます。
特に上の前歯のように審美性が大変重要視されるところは、同じ部位を何度も手術を行うことにより、歯肉が壊死や裂開をおこす可能性があります。
そうなると審美的に取り返しのつかない場合も生じる可能性があります。
その点、HAインプラントは処置が同時に行えるので、そのようなトラブルを防ぐことができますし、その日に歯が入ることにより審美的な問題も解決します。

3.ストレスの減少

1本のインプラントを埋入するために、何度も同じ部位を手術することは、患者さんにとっては大変なストレスになります。
手術回数が少なくなることは、患者さんにとってストレスの軽減につながります。

抜歯即時インプラント

以前は、インプラントする場合、歯を抜いてから骨の回復を待つため、数ヶ月から半年くらい待ってインプラントをしていました。
というのは歯を抜いた後は骨が一次的に無くなるため、骨が回復するの(骨の量は減ります)を待つため、また、歯ぐきが治るのを待つためです。
長崎インプラント研究所(ふじた歯科併設)では、歯を抜くのと同時にインプラントを埋め込んでおります。
こうすることにより、手術回数を減らし(2回が1回に減る)、骨の減量を防いでいます。
結果的に患者様の外科的負担が減少しています。

この方法のメリットは、自然の治癒過程を積極的、最大限に利用できるという点です。
というのは抜歯直後が生体の治癒能力がもっとも旺盛、最大になります。

治癒の機構がもっとも早く、ドラマティックに起こるのが抜歯直後なのです。
つまり治りが早くなります。その時期を利用したのが、抜歯即時インプラントなのです。

また、当たり前のことですが、抜歯後骨や、はぐきの治るのを待つ期間が無いため、トータルの期間。最終的に歯が入るまでの期間も短くなります。
つまり、本来なら、抜歯して、歯ぐき、骨が安定するのを待つのが6ヶ月、インプラントして歯を入れるのが4ヶ月とすると、合計10ヶ月必要だったのが、この方法なら、抜歯して4ヶ月で歯が入り半分以下に期間が短縮されます。

注意:通常、歯を支える骨(歯槽骨)は、抜歯後回復はしますが、量が減って治癒します。
抜歯と同時にインプラントすることにより、骨の減少を、最小にすることができます。
ちなみに1回の手術で最低、高径1ミリから2ミリの骨の減少があるといわれています。

ソケットリフト・インプラント
上あごの骨の量がすくない場合の新しいインプラント法

上あごの奥歯の骨の上には、上顎洞といった副鼻腔があります。
歯をなくして長時間経過した場合や、歯槽膿漏で歯をなくした場合、骨の垂直的な高さが減って、インプラントしたくてもできない場合があります。
こういう時、一般的な歯科医院では、インプラントが不可能な時があります。
また、可能な長崎インプラント研究所でも、サイナスリフトといって、上顎洞を持ち上げる手術をしています。

この方法は、患者様の上あごの歯の根っこの先の部分から歯ぐきをはがし、骨に穴を開け、骨を他の場所から移植をするという、患者様にとっては非常に負担がかかり、大変な治療です。
手術後も腫れや痛みが長く続き、鼻血も出ます。

長崎インプラント研究所では、従来サイナスリフトしかできなかった手術に、ソケットリフトという、きわめて簡単で患者様に負担のかからない方法で、十分な効果を挙げております。

なおかつ、サイナスリフトに比べて治療期間も約半分以下になりました。患者さんに優しいインプラント治療法です。

Page Top