抜歯して歯がなくなった場所に歯を削らずに歯を入れて欲しい

BEFORE

case01_01

AFTER

case01_02

 

院長より

抜歯した箇所は単独でインプラント治療を行い咬合機能を回復しました。
歯を削らないことが患者様の希望でしたので満足のいく結果となりました。

インプラントの上にセラミッククラウンをかぶせて見た目を自然な感じにしました。

入れ歯では咬めない。よく咬める奥歯を入れて欲しい

BEFORE

case02_01
case02_02

AFTER

case02_03
case02_04

 

院長より

患者様は88歳と高齢の方でした。最初は義歯を作ってさし上げたのですが、違和感があるのとよく咬めないとおっしゃられました。

それならばと、インプラントのお話をしましたら、ぜひやって欲しいとのこと。
最初は高齢なのを理由に悩みましたが、結果として患者様の大きな満足を生むことになりました。
インプラント治療を行うことにより、奥歯の抜けてしまった所に噛み合わせ機能を回復しました。
大変感謝されました。いくつになってもQOLの向上をまず第一に考えるべきと思わされる症例です。

入れ歯は嫌です。歯を削らずに奥歯のない所に歯を入れて欲しい。

BEFORE

case03_01

AFTER

case03_02
 

院長より

右、左ともに歯が無い状態でした。入れ歯かインプラントが選択肢になります。
患者様はまだ若く入れ歯は嫌といわれました。

インプラント治療を行えば、健康な歯を削る必要はありませし、噛む力は自分の歯と変わりません。
奥歯の抜けてしまった所には、インプラント治療を行い噛み合わせ機能を回復しました。
上にはセラミッククラウンをかぶせて自然な見た目にしました。

他院で骨が無くインプラントできないといわれた。なんとかして欲しい

術前

case04_01

術中

case04_02

case04_03

術後

case04_04

 

院長より

他の歯科医院で奥歯の骨が足りないのでインプラントできない。
もしするのなら大学などの大きい病院で、入院した後、骨の移植など大掛かりな手術が必要といわれて、当研究所にどうにかできないか調べて欲しいと来院されました。
確かに骨は少なく、通常のインプラントは不可能です。
しかし、ソケットリフト・インプラント治療を行うことにより解決しました。
入院の必要も無く、約1時間のオペで簡単に済みました。
患者様もびっくりです。オペ後4ヶ月目には最終的な歯が入りました。

前歯をきれいにしてほしい。隙間を埋めてほしい。

術前

case05_01

術中

case05_02
case05_03

術後

case05_04

 

院長より

前歯の隙間と、変色を気にして来院されました。
前歯の1本は虫歯がひどく、しかも根が折れているため抜歯する必要がありました。
歯を1本、抜いて後は、ポーセレンラミネートで隙間を埋めました。
患者さんも納得のきれいな状態になりました。

奥の歯で噛みたい。ブリッジや入れ歯は嫌です。なんとかして下さい。

上あごの奥歯にインプラントを希望されて来院されました。
レントゲンにて調べてみると副鼻腔(上顎洞)が大きく、インプラントを希望される部位には骨がほとんどありません。
本来ならインプラント不可能ですが、ソケットサイナスリフトという方法で、人工骨を利用してインプラントを埋入しました。

術前

case06_01

術中

case06_02

術後

case06_03

 

院長より

他の歯科医院で奥歯の骨が足りないのでインプラントできないといわれて、当センターにどうにかできないか調べて欲しいと来院されました。
確かに骨は少なく、通常のインプラントは不可能です。
レントゲン撮影、CT撮影後精査をして、人工骨を使用してソケットリフトを利用したインプラント治療を行いました。
簡単なオペで済みました。

歯周病で歯がぐらぐらしている。食事ができないので食べれるようにしてほしい

術前

case07_01

case07_02

術中

case07_03

case07_04

上顎術後

case07_05

術後

case07_06

 

院長より

まず、悪くなった歯を抜いて、歯ぐきを整えた後、インプラントをいれ、その後全般的に歯を入れました。
患者様も食事がおいしくできるようになりました。
治療期間は長くかかりましたがこれからの人生での喜びを考えたら満足度の高い治療になったと思います。

歯がぐらぐらしている。これでもインプラントできますか?

術前

case08_01

術中

case08_02

術後

case08_03

 

院長より

歯周病が進行していて、上あごの歯はほとんどが抜歯することになりました。
歯周病の進行から上顎の骨の吸収は著しくソケットリフトを併用して上顎洞底を挙上しています。
治療期間は長くかかりましたが、最終的には自分の歯と変わらないような咬み心地の良い歯ができました。
患者様もおいしく食事ができると満足されています。

当研究所はなるべく簡単な方法で、患者様に負担の少ない処置を心がけています。