歯周病で歯がぐらぐらしている。食事ができないので食べれるようにしてほしい

術前

case07_01

case07_02

術中

case07_03

case07_04

上顎術後

case07_05

術後

case07_06

 

院長より

まず、悪くなった歯を抜いて、歯ぐきを整えた後、インプラントをいれ、その後全般的に歯を入れました。
患者様も食事がおいしくできるようになりました。
治療期間は長くかかりましたがこれからの人生での喜びを考えたら満足度の高い治療になったと思います。

歯がぐらぐらしている。これでもインプラントできますか?

術前

case08_01

術中

case08_02

術後

case08_03

 

院長より

歯周病が進行していて、上あごの歯はほとんどが抜歯することになりました。
歯周病の進行から上顎の骨の吸収は著しくソケットリフトを併用して上顎洞底を挙上しています。
治療期間は長くかかりましたが、最終的には自分の歯と変わらないような咬み心地の良い歯ができました。
患者様もおいしく食事ができると満足されています。

当研究所はなるべく簡単な方法で、患者様に負担の少ない処置を心がけています。